Hanako Uesato

上里 はな子

2歳よりヴァイオリンを始め、史上二人目となる全日本学生音楽コンクール小中学生の部全国第1位(ならびに兎束賞)を成し遂げる。
1990年豊橋市の文化振興特別賞を受賞。 1994年第63回日本音楽コンクール入選。


桐朋女子高校音楽科に首席で入学、1995年ウィーン国立音楽大学に入学。
安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団から助成を受ける。
ウィーン国立音楽大学のソリストオーディションで優秀賞を獲得し、リサイタルを行う。
また、ウィーン楽友協会での大学オケの演奏会にも度々出演している。

1997年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第5位。
2001年ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール第2位、現在までの日本人唯一の入賞者である。

2001年に帰国し、東京、愛知、高知、熊本、沖縄など各地で数多くのリサイタルを開く。
第7回・9回宮崎国際音楽祭に参加、数多くのオーケストラとの共演もしている。
2010年より毎年ヒロシマミュージックフェスティバルに招かれ、室内楽を中心に後進の指導にあたっている。

また、松本和将(ピアノ)、向井航(チェロ)とピアノトリオを結成し、これまでに大阪、神戸、広島、宇都宮など全国各地でコンサートを行っている。
クラシック以外でも、YUKI、ELT、レミオロメン、aiko、ASKA、大塚愛、甲斐よしひろ、一青窈など、多くのアーティストのライブにツアーメンバーとして出演し、幅広いジャンルのレコーディングにも参加。
テレビ番組にも数多く出演している。

完璧な技術に裏打ちされたその深く美しい音色は、聴衆を魅了し続け、共演者からも高い信頼を得ている。

ヴァイオリンを小林武史、小林健次、徳永二男、ゴールドベルク、ザハール・ブロン、ルッジェーロ・リッチ、ゲルハルト・シュルツに師事。室内楽をマイスル教授、フェルナンデス教授に師事。
これまでに『Tiare』・『Scherzando』・『アニカル・ジブリ集』・『GIFT』 の4枚のCDをリリース。 完璧な技術に裏打ちされたその深く美しい音色は、聴衆を魅了し続け、共演者からも高い信頼を得ている。